シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS こころ暖まる語り口で人生の機微を〜林家木久蔵師匠が地元でW襲名披露

<<   作成日時 : 2007/07/29 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 7月28日(土)世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)で、林家木久蔵師匠と息子きくお氏のダブル襲名披露前々月祭が開催された。木久蔵師匠は世田谷区在住、世田谷パブリックシアターは開設10年目ということで、10周年記念でもあった。
 木久蔵師匠は苦労人。下町の生まれだが大空襲で自宅は全焼。高校卒業後、食品会社に入るが、絵を描きたいということで、漫画家の師匠に弟子入り。しかし、そこで、話術の才を見出され、落語会に入る。木久蔵という名前は、落語界で仕えた二人の師匠の名前を頂戴したものだという。今回の席では、師匠のことも語ってくれた。
 木訥な語り口だが、繰り広げられる多彩な世界は、才人といってもいい。
 そして、その名前を引き継ぐのは、9月から真打ちに昇進する息子のきくお氏。師匠は、公募をもとに考案した木久扇(きくおう)という名前を襲名する。親子W襲名披露というのは、歌舞伎などではよくあるが、落語の世界では初めてらしい。新木久蔵さんは、若者らしいさっぱりした語り口、切れの良い冴えた語り口が嬉しい。
画像


 本格的な襲名披露公演は9月21日に上野の鈴本演芸場で始まる。その後、全国で公演が行われるという。しかし、世田谷パブリックシアターの場合、地元ということを話題にでき、その点、最初の場面として、有利な面もあったに違いない。
 世田谷パブリックシアターの観客はいつものメンバーとは違い、高齢者や、地元の人らしい雰囲気の人が目立つ。帰りには、木久蔵ラーメンも売られていて、ついつい数パックを買った。

画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こころ暖まる語り口で人生の機微を〜林家木久蔵師匠が地元でW襲名披露 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる