シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典落語の意気込みを感じる〜桂歌丸の国立演芸場8月中席公演

<<   作成日時 : 2007/08/19 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 半蔵門にある国立演芸場の8月中席公演は、桂歌丸師匠がトリを努めている。題目は、三遊亭圓朝作の怪談乳房榎(ちぶさえのき)で、文字通り、8月のこの時期にふさわしい。11日から20日までであるが、連日満員御礼とのこと。

 桂歌丸師匠の持ち時間は40分ほどであるが、この演目は、本来はもっと長いもの。怪談物は、登場人物の設定、事件発生の伏線、殺人場面、幽霊登場の場面、復讐の場面など、どうしても複雑になってくる。しかし、いくつか、はしょりながらも、師匠には、素晴らしい語りを演じていただいた。見せ場では、照明の助力も得て演出効果を出していた。
 国立演芸場らしい、本格的な落語を聴くことができた。




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典落語の意気込みを感じる〜桂歌丸の国立演芸場8月中席公演 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる