シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 憧れの円鏡さん、橘家円蔵の高座を聴く

<<   作成日時 : 2009/03/21 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 学生時代に同じ寮の仲間と一緒に新宿末廣亭に出掛けた。一人は大の落語ファン、顔と雰囲気がなんとなく‘月の家円鏡’に似ている。昼の部からで、時間は長い。落語や奇術など入れ替わりで演し物は続く。しかし、落語の筋はよくわからず、カラダは落ち着かない。テレビの笑点やクイズ番組に出てくる落語家の出演を期待していたのだが、いつまでたっても出てこない。そうしているうちに、その‘円鏡もどき’を置き去りにして帰ってしまおうという気にもなってきた。そんな苦い思い出がある。
  今日は、その思い出の円鏡さん、すなわち、橘家円蔵師匠の落語を寄席で初めて聴いた(平成21年3月21日(土)の国立名人会(国立演芸場))。上手い。最近はテレビで見かけることは少ないが、その魅力がひしひしと伝わってくる。‘死神’は三遊亭円朝がグリム童話からヒントを得て創作したと言われる作品。トリながら、24分くらいの短い噺ではあるが、十分楽しめた。
  帰りに永田町駅の階段で、雷門助六がキャリーバッグを持って階段を下りるのを見掛けた。スリムで小柄な師匠の後ろ姿は美しい。今日もかっぽれで操り人形を踊っていたが、あの見事な動きの秘密がわかるような気がした。


○ 前座 春風亭正太郎 初天神
○ 落語 三遊亭歌る多 千早ふる
○ 落語 柳家小里ん 不動坊
○ 落語 三笑亭可楽 大山詣り
(中入り)
○ 落語 雷門助六 長短
○ 俗曲 柳家紫文
○ 落語 橘家円蔵 死神

NHK新落語名人選 八代目 橘家円蔵
ユニバーサル インターナショナル
2005-12-07
橘家圓蔵(八代目)

ユーザレビュー:
夏がキターーー夏の風 ...
落語=爆笑 という人 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憧れの円鏡さん、橘家円蔵の高座を聴く シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる