シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯屋番は若旦那の妄想(第4回桂歌蔵独演会)

<<   作成日時 : 2009/08/21 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

  毎年2回の桂歌蔵独演会、今回は、上野広小路亭で8月20日(木)の夜6時半から開催された。ここは初めてだが、昼夜と興行が行われている。ビルの3階の一室で座席は60〜70席ほどだろうか。40人強の入りである。
  歌蔵師匠、今年になってから中野区野方の一軒家に引っ越した。木造二階建て、名前をモクゾウと変えようかと言いながら、フィリピン寄席の紹介をする。日本語がわかるフィリピンの人たちを相手にして、笑いの爆発力が凄いのだと言う(まさに爆笑)。セスナの運転をする?エンジンを停めても空を飛ぶ?
  最初は、得意としている「権助魚」。5月に新宿末廣亭で聴いた「真田小僧」と共通するテーマである。食いつきでは、「長短」、堺出身の師匠、関東と関西の味も比較十分。ウクレレ漫談の“ぴろき”の軽快なギャグのあとは、今日のトリとして、「湯屋番」。若旦那の噺だったことにあらためて気がついた。想像をふくらませる若旦那のノリがいい。こじんまりとした夏の独演会だが、それなりの味があった。

○ 前座 落語 昔昔亭A太郎 桃太郎
○ 落語 桂歌蔵 権助魚
(中入り)
○ 落語 桂歌蔵 長短
○ ウクレレ漫談 ぴろき
○ 落語 桂歌蔵 湯屋番

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
湯屋番は若旦那の妄想(第4回桂歌蔵独演会) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる