シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 照明効果たっぷりで奥の深い歌丸の真景累ヶ淵「宗悦殺し」

<<   作成日時 : 2010/08/13 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  10年8月13日(金)の国立演芸場8月中席昼席である。 国立演芸場8月中席は、恒例の桂歌丸の怪談噺である。昼席ながら満員御礼。立ち見も出ていた。

  歌丸師匠は過去数年前までに国立演芸場や横浜賑わい座で真景累ヶ淵を演じているが、「豊志賀の死」「宗悦殺し」はさらっと触れただけで実際には演じていなかった。ということで、昨年は国立演芸場の8月中席で「豊志賀の死」を演じて、今年は、「宗悦殺し」を演じたというわけである。今回の高座は照明効果もたっぷりで、奥の深い真景累ヶ淵を聴かせてくれた。
   そのほか、桂平治師匠の「松山鏡」が田舎の味が出ておもしろい。また、桂枝太郎も新作落語であるが、マクラの巧みさが光った。独特なところでは、マグナム小林のバイオリン漫談だろうか。以前にも聴いたことがあるがタップダンスもお見事。

○ 前座 笑福亭羽光 饅頭こわい 12:45-13:00
○ 落語 雷門花助 初天神 13:00-13:15
○ バイオリン漫談 マグナム小林 13:15-13:30
○ 落語 桂枝太郎 自家用車 13:31-13:51
○ 漫才 Wモアモア 13:52-14:06
○ 落語 雷門助六 春雨宿 14:06-14:32
(中入り)
○ 落語 桂平治 松山鏡 14:48-15:08
○ 俗曲 桧山うめ吉 木更津甚句、品川甚句、山海節を挟む都々逸、踊り「えんかいな」15:08-15:21
○ 落語 桂歌丸 真景累ヶ淵「宗悦殺し」15:22-16:03


桂歌丸「真景累ヶ淵」
テイチク
2006-02-22
桂歌丸

ユーザレビュー:
豊志賀もないし…歌丸 ...
なぜ豊志賀を演らない ...
円熟の高座ですが…  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 桂歌丸「真景累ヶ淵」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
照明効果たっぷりで奥の深い歌丸の真景累ヶ淵「宗悦殺し」 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる