シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 正雀師匠の芝居噺を味わう 男の花道

<<   作成日時 : 2011/03/06 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  2011年3月6日(日)の国立演芸場3月上席に行った。国立演芸場は、2月は改修でお休み。久々の定席公演となる。
  上席は、落語協会の番。昨年3月に真打ち昇進したばかりの桂文ぶんや理系大学卒というユニークな経歴を持つ柳家小ゑんなどの初めての噺「東北の宿」「レプリカント」を聴く収穫もあった。「レプリカント」は、とり・みきの漫画が原作らしい。場所は、自由が丘、緑が丘、都立大学と小ゑん師匠が学生時代を過ごした地域のエピソードを織り込む。桃月庵白酒は大きな身体をゆすらせながら迫力ある「代脈」。橘家蔵之介の「佃島」も師匠のキャラクターが良く出て魅力ある噺になっている。
  主任の林家正雀は事前に噺を予告している。林家彦六最後の弟子で、怪談噺、芝居噺の継承者。今日の「男の花道」は、歌舞伎役者のエピソードという形の人情噺で、もともと講談や浪曲で広まった噺のようだが、正雀師匠は歌舞伎愛好家だけあって、音曲を入れて迫力十分。45分の聴かせる舞台であった。最後に踊り「松づくし」を披露。


○ 前座 春風亭一力 牛ほめ
○ 落語 柳家初花 寿限無
○ 落語 桂文ぶん 東北の宿
○ 漫才 ホームラン
○ 落語 桃月庵白酒 代脈
○ 落語 柳家小ゑん レプリカント
(中入り)
○ 落語 橘家蔵之助 佃島
○ 俗曲 柳家小菊 
○ 落語 林家正雀 男の花道


「林家正雀」名演集 2.不孝者 / 男の花道
ポニーキャニオン
2007-05-16
林家正雀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「林家正雀」名演集 2.不孝者 / 男の花道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正雀師匠の芝居噺を味わう 男の花道 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる