シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典派の遊三の火焔太鼓、鯉昇の木訥?な偽和尚に感激

<<   作成日時 : 2011/06/26 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   2011年6月25日(土)の国立名人会  恒例の国立名人会。古典落語中心の会でオーソドックス。唯一、三遊亭白鳥師匠が自作の新作落語を披露。惚れ薬をめぐる職場の恋愛劇で、それなりに楽しめる。今後の展開が楽しみ。初音家左橋師匠の『笠碁』は落ち着いた雰囲気で、雨の季節にマッチしたよい出来。三遊亭歌司師匠の『百川』はNHKの「日本の話芸」でも演じていた作品。なかなか聞けないもので、今回のお目当てでもある。
  滝川鯉昇師匠は、目立たないが本当の実力派。これまでは小遊三師匠の『蒟蒻問答』を高く評価していたが、この木訥な偽和尚もなんともいえない不思議な味。トリの三遊亭遊三師匠は、『火焔太鼓』を正統派でまとめる。

○ 前座 滝川鯉津 新聞記事
○ 落語 三遊亭白鳥 ギンギラボーイ(新作)
○ 落語 初音家左橋 笠碁
○ 落語 三遊亭歌司 百川
(中入り)
○ 落語 滝川鯉昇 蒟蒻問答
○ 漫才 東京太・ゆめ子
○ 落語 三遊亭遊三 火焔太鼓
NHK新落語名人選 三遊亭遊三
ユニバーサル インターナショナル
2005-12-07
三遊亭遊三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK新落語名人選 三遊亭遊三 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典派の遊三の火焔太鼓、鯉昇の木訥?な偽和尚に感激 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる