シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 商売と愛憎の人情噺『鼠穴』

<<   作成日時 : 2011/12/04 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  年末の寄席、上旬はまだ客足は鈍いようだ。12月4日(日)の国立演芸場12月上席も4割程度の入りだろうか。当日券で前の方の真ん中の座席が購入できる。
  今日のお目当ては、トリの三笑亭夢太朗師匠である。11月中席でも代演でお目に掛かったが、今回は、本番である。火事の噺、『火事息子』では?と思いきや、兄貴と来れば、『鼠穴』だ。先日、亡くなった談志師匠が得意とした噺だが、これは兄貴の横柄ぶりが浸み出してくる迫力だ。私は少しマイルドな志の輔師匠の口演のほうがいい。立川流に比べると小三治師匠のものは少し物足りない。
  夢太朗師匠の展開は、オーソドックス、噺の運びは兄弟の愛憎、夫婦親子の情などなかなか上手い。娘を吉原に売った金を盗られて首をくくるところまでいって、夢と気がつく。サゲは、“たまらねえアナ空けただよ”というもの。この噺、サゲは“夢は五臓(土蔵)の疲れだ”と記憶していたので、新鮮であった。なお、六代目圓楽師匠は  “おまえのような働き者の鼠だ。帳面にも穴あかねえ”というサゲを使っている。
そのほか、三遊亭春馬師匠は『新聞記事』と思いきや、『阿弥陀ヶ池』、これも上方噺ではサゲが違う。
定席公演でも、少しずつ発見があるのが楽しい。

○ 前座 滝川鯉津 子ほめ
○ 落語 昔昔亭A太郎 権助魚
○ バイオリン漫談 マグナム小林
○ 落語 三遊亭春馬 阿弥陀ヶ池
○ 漫才 東京太・ゆめ子
○ 落語 桂幸丸 昭和歌謡ショー
(中入り)
○ 講談 神田紅 赤穂義士銘々伝 徳利の別れ
○ 落語 桂小文治 粗忽の釘
○ 奇術 北見マキ
○ 落語 三笑亭夢太朗 鼠穴


落語名人会(40)「鼠穴」
ソニーレコード
1996-07-21
柳家小三治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 落語名人会(40)「鼠穴」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
商売と愛憎の人情噺『鼠穴』 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる