シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 人情の『甲府い』(燕路)、マクラからの巧さの『三年目』(談四楼)、恒例の『圓歌の道標』(圓歌)

<<   作成日時 : 2012/05/27 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  5月27日(日)13時〜 国立演芸場の5月の国立名人会は、満席ではなかったが、大部分は埋まっていた。しっかりした中堅どころの出演と、好きな演目が揃っている。
   前座は女流落語家の三遊亭多ぼう、名前が日麻(ひま)というので多忙と名付けられたそう。最初に登場した彦いち師匠は『お見立て』。師匠らしい、モダンなものなのだが、この噺、最初に聴くのはいささか疲れる。師匠には新作を演じて欲しかったところ。次の燕路師匠の『甲府い』は注目していたが、師匠らしい味が出ている。

   中トリの談四楼師匠の『三年目』はさすが。マクラの最近の結婚式事情がまずは実に上手い。サワリも聴かせる。
   食い付きのさん生師匠は、そつなく『禁酒番屋』をこなす。トリの圓歌師匠は、『圓歌の道標』で、この人ならではの落語史。

○ 前座 三遊亭多ぼう 道灌
○ 落語 林家彦いち お見立て
○ 落語 柳亭燕路 甲府い
○ 落語 立川談四楼 三年目
(中入り)
○ 落語 柳家さん生 禁酒番屋
○ 漫才 昭和のいる・こいる
○ 落語 三遊亭圓歌 新作落語 圓歌の道標


声に出して笑える日本語 (光文社知恵の森文庫)
光文社
立川 談四楼

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 声に出して笑える日本語 (光文社知恵の森文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人情の『甲府い』(燕路)、マクラからの巧さの『三年目』(談四楼)、恒例の『圓歌の道標』(圓歌) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる