シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌丸師匠 紀伊國屋寄席でも真景累ヶ淵「深見新五郎」「豊志賀」

<<   作成日時 : 2012/10/10 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
10月9日(火)の第574回 紀伊國屋寄席、この落語会は久し振りである。
 前座で出た朝呂久君、11月1日から二ツ目だという。したがって、紀伊國屋寄席の前座も今日は最後と張り切って演じる。昇々さんは「鈴ヶ森」、ノリが今ひとつという感じ。
 
  この日は、桂歌丸師匠の真景累ヶ淵を二席。「深見新五郎」は、国立演芸場8月中席では聴き損ねていた演目、「勘蔵の死」の後でこれを聴くのも因果がわかって、なかなか良い。「豊志賀」を歌丸師匠で聴くのは三回目、この噺は、真景累ヶ淵の中核部分といって良いだろう。
  紀伊國屋寄席では、今年は「宗悦殺し」を演じ、今回が「豊志賀」まで、来年も四席を演じて、「お熊の懺悔」までいきたいと歌丸師匠は張り切る。
 
○ 前座 春風亭朝呂久 笊屋
○ 落語 春風亭昇々 鈴ヶ森
○ 落語 三遊亭圓朝作 歌丸が語り直して真景累ヶ淵 第二話 深見新五郎(6:51-7:39)
(中入り)
○ 落語 三遊亭圓朝作 歌丸が語り直して真景累ヶ淵 第三話 豊志賀(7:51-8:48)

桂歌丸「真景累ヶ淵」(1)
テイチク
2006-02-22
桂歌丸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 桂歌丸「真景累ヶ淵」(1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌丸師匠 紀伊國屋寄席でも真景累ヶ淵「深見新五郎」「豊志賀」 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる