シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 新作古典の域を期待『白鳥作・腹ペコ奇譚』(三三)

<<   作成日時 : 2013/12/29 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月28日(土)午後2時半からの白鳥・三三両極端の会 VOL7(紀伊國屋ホール)。
  早々と満員御礼のこの会、若手のホープ、新作落語と古典落語を得意とする二人が競い合うというもの。今回は白鳥が出した宿題、「白鳥の新作の中から、コートームケー(荒唐無稽)な噺をなんかやって」に三三が応えるというもの。
 白鳥は古典落語、盛り上がっているが、なにかまとまらない感じで、聴衆は追いかけていくのが大変。
 三三の宿題噺は、食べ物の噺がマクラ。柳家は前座といえども食事だけは満足いくものという慣行があったという。先代小さんの体験がゆえで、無理強いともなるこの振る舞いに一言いえたのは花緑だけだったとか。そして、わんこそばの噺、権太楼・談春二人会で協会と立川流の前座がわんこそばを競い合う、ほたるの60杯に対して、春太は144杯。小三治に連れられた前座も競わされ、三三はなんと152杯だったとか。小三治の会は盛岡なら東家だろう。
 そんなマクラで始まるのは、腹ペコ奇譚である。“注文の多い料理店”をベースとしたような噺であるが、しっかりと落語に仕上がっている。赤いマフラーで魔女の舌を演出するなどは、許容範囲であろう。ジブリの呪文など、それなりの年代でないとわからない要素も多々あったが、白鳥も、「落語の神様が舞い降りたね」と激賞。三三は、圓朝を目指す白鳥と逆に持ち上げる。
  この作品、こなれていけば、確かに死神などと並び古典落語の仲間入りをしてもおかしくないのかもしれない。


○ ごあいさつ 白鳥、三三 2:30-43(出囃子 歓喜の歌)
○ 落語 三遊亭白鳥 名人もう半分 2:44-3:20
(仲入り)
○ 落語 柳家三三 腹ペコ奇譚 3:34-40-4:12
○ アフタートーク 白鳥、三三 4:12-19

白鳥大全集 DVD-BOX~三遊亭白鳥落語独演会~
竹書房
2007-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白鳥大全集 DVD-BOX~三遊亭白鳥落語独演会~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



三三独演 「一」ノ巻 ―柳家三三 二十周年DVD集「月例 三三独演」より―
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(D)
2013-03-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三三独演 「一」ノ巻 ―柳家三三 二十周年DVD集「月例 三三独演」より― の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新作古典の域を期待『白鳥作・腹ペコ奇譚』(三三) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる