シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS サラリーマンの悲哀『ぺたりんこん』(喬太郎)、巧妙『粗忽の釘』(三三)、味わい『一眼国』(扇辰)

<<   作成日時 : 2014/04/29 16:40   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
  4月28日(月)は、引き続きの新宿末廣亭。夜席の途中から入る。
  中トリ三三師匠の『粗忽の釘』は磨きが掛かった一席。扇辰師匠の『一眼国』は、短い時間の中でなかなかの味わい。
  主任の喬太郎師匠、『ぺたりんこん』は、中高年サラリーマンの悲哀を不条理で表現。まさに演劇。

夜の部
○ 落語 鈴々舎鈴之助 蝦蟇の油
○ 太神楽 翁家勝丸
○ 落語 三遊亭萬窓 紙入れ
○ 落語 桂ひな太郎 強情灸
○ 奇術 伊藤夢葉
○ 落語 林家しん平 七福神オーディション?
○ 落語 柳家三三 粗忽の釘
(お中入り)
○ 落語 柳家喬志郎 新作 強盗に間違われトイレに押し込められた水道屋
○ 漫才 ホンキートンク
○ 落語 入船亭扇辰 一眼国
○ 落語 橘家圓太郎 浮世床
○ 曲独楽 三増紋之助
○ 落語 柳家喬太郎 ぺたりんこん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
7、8年ドイツに住み、古典落語大好きなので、ブログ読ませていただきました。
日帰りで?!寄席に行けるところにお住まいの様子、羨ましい限りです。
Nohra
2014/05/06 20:36
Nohraさん、コメントありがとうございます。普段、落語はラジオで聞いていますが、寄席通いも良いものです。演目が決まっているホール落語よりも、寄席がいいのは、そこは噺家と客との真剣勝負だからですね。
シュタイントギル
2014/05/08 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
サラリーマンの悲哀『ぺたりんこん』(喬太郎)、巧妙『粗忽の釘』(三三)、味わい『一眼国』(扇辰) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる