シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 冴えた『茶湯』(鯉昇)、貫禄『長者番付』(小さん)、古典『庚申待』(雲助)、軽快『猿後家』(彦いち)

<<   作成日時 : 2015/04/02 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  4月1日(水)18時半からの第604回紀伊國屋寄席である。珍しい噺も多く、しかも落語協会と落語芸術家協会の双方のメンバーが参加しているのが面白い。前座は、柳家三三師匠の弟子だという。柳若氏は、社会人から鯉昇師匠の弟子となった二ツ目で、『鷺とり』はなかなかの出来。今回、期待の鯉昇師匠は、同窓会のエピソードをマクラに冴え渡る『茶の湯』をこなす。中トリの雲助師匠は、志ん生師匠が得意として最近は演じられていない噺。筋は、『宿屋の仇討ち』なのだが、江戸時代の風習をもとに演じるところで、紀伊國屋寄席ならではの口演なのだろう。昨日のラジオで京須さんが志ん生師匠のマクラを紹介したのがこの『庚申待ち』だった。
  食い付きは、彦いち師匠で、得意の『猿後家』、サゲは「木から落ちた猫」と面白い。トリの小さん師匠も、珍しい『長者番付』、先代もたまに演じた噺だという。旅の噺で、村雨、ウンツクなどの云われを語りながら、長者の噺のあと、「根っからの貧乏だ」というサゲ。

○ 前座 柳家小かじ 狸札6:20-30
○ 落語 春風亭柳若 鷺とり6:31-37-51
○ 落語 滝川鯉昇 茶の湯6:52-57-7:21
○ 落語 五街道雲助 庚申待ち7:21-23-51
(仲入り)
○ 落語 林家彦いち 猿後家8:02-11-27
○ 落語 柳家小さん 長者番付8:28-30-9:08

古今亭志ん生 名演集14 庚申待/大山詣り/金明竹
ポニーキャニオン
2005-10-19
古今亭志ん生(五代目)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古今亭志ん生 名演集14 庚申待/大山詣り/金明竹 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



昭和の名人~古典落語名演集 五代目柳家小さん 二
キングレコード
2009-03-11
柳家小さん(五代目)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 昭和の名人~古典落語名演集 五代目柳家小さん 二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冴えた『茶湯』(鯉昇)、貫禄『長者番付』(小さん)、古典『庚申待』(雲助)、軽快『猿後家』(彦いち) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる