シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 比類なき『船徳』(さん喬)、泣かせる『一文笛』

<<   作成日時 : 2015/07/07 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 7月6日(月)は第607回紀伊國屋寄席である。
 左橋師匠は雲助一門らしい豊かな表現力で『お菊の皿』、中トリの正蔵師匠は亡き米朝師匠に稽古をつけてもらったという『一文笛』で泣かせる。
 喜多八師匠はこの寄席は久し振りだという。『かんしゃく』も久々で聞くネタ。トリのさん喬師匠の『船徳』は比類のない素晴らしい出来映え。師匠の術にハマった江戸の舞台という感じで、若旦那や客集が活きてくるのは不思議だ。

○ 前座 入船亭ゆう京 たらちね6:20-33
○ 落語 古今亭志ん吉 ふだんの袴6:33-37-54
○ 落語 初音家左橋 お菊の皿6:55-7:03-21
○ 落語 林家正蔵 一文笛7:23-30-34-53
(仲入り)
○ 落語 かんしゃく 柳家喜多八8:04-09-31
○ 落語 柳家さん喬 船徳8:32-36-9:10

柳家さん喬8「朝日名人会」ライヴシリーズ75「船徳」「胆潰し」
ソニー・ミュージックダイレクト
2011-11-23
柳家さん喬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 柳家さん喬8「朝日名人会」ライヴシリーズ75「船徳」「胆潰し」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



特選!! 米朝 落語全集 第二十三集
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
1991-12-18
桂米朝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 特選!! 米朝 落語全集 第二十三集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
比類なき『船徳』(さん喬)、泣かせる『一文笛』 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる