シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 入船亭扇橋師匠を偲ぶ

<<   作成日時 : 2015/07/12 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  入船亭扇橋師匠が亡くなったという。得意演目は日経新聞では『文七元結』、朝日では『文七元結』、『鰍沢』とある。高座で『鰍沢』を聴いたことがある。淡々とした語り口でその風貌と相まってなかなかのものであった。
  親しい友人が小三治師匠、句会でも一緒だ。ドキュメンタリー映画『小三治』では、扇橋師匠のアドバイスを受けながら小三治師匠が挑戦するのがこの『鰍沢』だ。映画の場面を観る限り、さすがの小三治名人も扇橋師匠の域にはまだまだ達していないように思える。
 扇橋師匠、指導者としての力もなかなかのものであったと思う。扇遊、扇辰などの面々は扇橋一門らしい人間味のある落語を聴かせる。

高座55周年 特撰 入船亭扇橋
ソニー・ミュージックダイレクト
2012-12-26
入船亭扇橋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高座55周年 特撰 入船亭扇橋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
入船亭扇橋、亡くなったんですね…。映画「小三治」観て、遅まきながらその時入船亭扇橋を知りました。句会も一緒で羨ましい、私もその句会に入れないか…などと妄想しました。何かの小三治のドキュメンタリーで、扇橋師匠が映画の時より随分弱っていらっしゃると感じたのが、もう何年も前でした。ご冥福をお祈りします。
Nohra
2015/07/13 00:45
小三治師匠はマクラでよく扇橋師匠のことを語っていました。とても良い友人だったのでしょうね。私が聴いたのは数回で、最後のほうは、あまりはっきりしない内容の高座もありましたが、最初に聴いた『鰍沢』はとても素晴らしいものでした。
シュタイントギル
2015/07/26 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
入船亭扇橋師匠を偲ぶ シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる