シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌蔵落語会 其の13 円熟『らくだ』、ダイナミックな技巧『時そば』、新作の味わい『モンゴル公演記』

<<   作成日時 : 2016/11/06 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 11月2日(水)のお江戸日本橋亭の夜席は「歌蔵落語会 其の13」。座席はほぼ埋まる盛況である。歌蔵師匠、今回は三席を演じる。今回の演目は、古典落語はなじみの演目、『時そば』『らくだ』ともに力が入って円熟味を増している。
 『モンゴル公演記』は外国で落語を演じる歌蔵師匠ならではの面白さ。脚色とは思いつつも、伝わってくるあたりが新作の味わい。

○ 開口一番 前座 桂竹わ 元犬6:30-31-45
○ 落語 桂歌蔵 時そば6:45-53-7:22
(仲入り)
○ 落語 桂歌蔵 モンゴル公演記7:35-57
○ 太神楽 鏡味正二郎7:58-8:14
○ 落語 桂歌蔵 らくだ8:15-21-47

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌蔵落語会 其の13 円熟『らくだ』、ダイナミックな技巧『時そば』、新作の味わい『モンゴル公演記』 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる