シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国・英国の2人の女性を相手の演目は『死神』(小袁治)

<<   作成日時 : 2017/02/11 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 2月5日は、5時20分頃から新宿末廣亭2月上席夜の部に入った。3割程度の入りだろうか。トリまでいるという客も多くないようだ。入ってきたときは、龍玉師匠が『強情灸』、途中から聴いたがなかなか魅力的。
 仲入り後のあたりだろうか、西洋人らしき女性が入ってきて、一番前の席を陣取った。外国人観光客が多いとは言え、落語は日本語能力が要求される演芸である。理解できるのだろうか。
 おそらく、英語教師などで長らく滞在している女性なのだろう。

 音曲漫才の「おしどり」が遠くからやってきた人に針金細工を差し上げると客席に呼びかける。1人は、米国、1人は英国、なんといっても、遠い。

 主任は小袁治師匠、何の演目かと思ったが、圓朝作の『死神』、2人の女性にサービスだ。とてもわかりやすい口演だった。
 

 

○ 落語 蜃気楼龍玉 強情灸-5:32
○ 落語 三遊亭歌奴 都々逸親子5:33-35-43
○ 奇術 マギー隆司5:44-6:00
○ 落語 橘家文蔵 手紙無筆6:01-03-16
○ 落語 柳亭燕路 やかんなめ6:16-19-33
○ 粋曲 柳家小菊6:34-45
○ 落語 古今亭菊丸 河豚鍋6:45-49-7:00
○ 落語 柳家小里ん 親子酒7:01-06-15
お中入り
○ 落語 柳家小せん 動物園7:28-30-39
○ 音曲漫才 おしどり7:40-53
○ 落語 入船亭扇好 持参金7:54-57-8:07
○ 落語 桂ひな太郎 紙入れ8:08-09-23
○ 太神楽 翁家社中8:24-34
○ 落語 柳家小袁治 死神8:35-38-9:06

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国・英国の2人の女性を相手の演目は『死神』(小袁治) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる