新国立劇場 感動の舞台「椿姫」はLa Traviata

12月1日(日)は新国立劇場で「椿姫」を鑑賞。いうまでもなく、ヴェルディの傑作の一つ。新国立劇場はヴァンサン・ブサールの演出では三回目となる。前奏曲で幕にヴィオレッタの墓碑銘が大写しで投映される。名も無く葬られるに違いないというヴィオレッタのセリフとは対照的なもので、そこに作者、演出家の込めた思いがある。椿姫ではなくLa T…
コメント:0

続きを読むread more

空中の街歩き 富士山

飛行機の窓からの光景はいつも楽しみだ。 できれば、窓際の席を予約する。 かつて、11月に米国に行ったとき、飛行機の窓からオーロラを見た。白いカーテンが不気味に動いていた。 富士山がよく見えた。プレートがぶつかるあたり、富士山がこのあたりに出現するのは自然の理であるらしい。いつも楽しみだ。
コメント:0

続きを読むread more

世田谷PT終わりのない

オデュッセイア/魔の海の大航海 [DVD]二度めの夏、二度と会えない君 11月9日(土)14時~16時は、世田谷パブリックシアターで「終わりのない」 スタッフ/キャスト 【脚本・演出】前川知大 【原典】ホメロス「オデュッセイア」 【監修】野村萬斎 【出演】 山田裕貴 安井順平 浜田信也 盛隆二 森下創 大窪人衛 奈緒…
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場「ドン・パスクワーレ」 喜劇はイタリア人ソリストの独壇場

ドニゼッティ:ドン・パスクワーレ(グラインドボーン音楽祭2013)[Blu-ray] 11月16日(土)午後2時~は、新国立劇場でドニゼッティの歌劇「ドン・パスクワーレ」を鑑賞。2時~3時25分、3時50分~4時半の構成。  ともかくも楽しいオペラ。ノリーナのハスミック・トロシャンは代役だが、遜色ない。  しかし、この歌劇は、…
コメント:0

続きを読むread more

国立演芸場11月中席 親譲り?『佐々木政談』(小痴楽)

 11月17日(日)は、国立演芸場11月中席。満員御礼。  落語芸術協会の真打ち昇進披露公演で、柳亭小痴楽一人が昇進。  小痴楽の公演は聴いたことがあるが、主任としての長講は初めて。親譲り?なのか、落語界で育った所以か、本日の『佐々木政談』なかなかの味がある。   ○前座 三遊亭馬ん治 狸札0:45-1:00 ○落語 春風…
コメント:0

続きを読むread more

国立名人会 快調『粗忽長屋』(小三治)柔らか『金明竹』(三之助)味『きゃいのう』(扇治)

昭和の名人‾古典落語名演集 五代目柳家小さん 十三 - 柳家小さん(五代目)  11月14日(木)午後6時からは、国立演芸場で国立名人会。満員御礼。  三之助師匠の『金明竹』は人の良さを感じる。扇治師匠の柳家小三治3「朝日名人会」ライヴシリーズ133「付き馬」「二番煎じ」 (特典なし) - 柳家 小三治『きゃいのう』も味がある。志ん…
コメント:0

続きを読むread more

龍野の吾妻堂の練羊羹

たつの市の吾妻堂の練羊羹をいただいた。中村汀女がサンデー毎日昭和32年12月1月号に寄稿している。沈んださくら色、紅の使い方が秘伝なのだろう・・・と。 創業100年を超えるという。 http://www.azumado.com/okasi.html 播州龍野といえば、三木露風の故郷である。童謡「赤とんぼ」の作詞者で…
コメント:0

続きを読むread more

佐藤卓史シューベルトツィクルス11 軍隊行進曲の力強さ

佐藤卓史ラ・カンパネラ~珠玉のピアノ小品集 - 佐藤卓史軍隊行進曲~シューベルト:4手のためのピアノ作品集 - レヴァイン(ジェームズ) キーシン(エフゲニー)ショパン:ワルツ集&舟歌 - 山本貴志(p) 10月3日(木)午後7時~は、東京文化会館小ホールにて佐藤卓史のシューベルトツィクルス11を聴く。今回は、4手のた…
コメント:0

続きを読むread more

国立演芸場11月上席 人の良さ『井戸の茶碗』(わさび)師匠の味『浮世床』(さん生)

11月2日(土)は、国立演芸場11月上席。当日券もあったが、満員御礼となる。  落語協会の真打ち昇進披露公演で、4人が昇進だが、2日は柳家わさび。わさびはさん生の弟子で、さん生は小満んの弟子である。  わさびの公演は聴いたことがあり、若手ながら、なかなかの味があると思っていた。本日の『井戸の茶碗』も少し荒削りのところはあるが、人の良…
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺の魅力

建仁寺は、京都にある臨済宗の寺院。俵屋宗達の風神雷神図屏風や法堂の天井画「双龍図」が有名。双龍図は、2002年に建仁寺創建800年を記念して小泉淳作画伯が描いたもの。風神雷神図屏風は国宝で複製を観ることができる。  広い境内で迫力満点の寺院である。
コメント:0

続きを読むread more

新宿末廣亭10月上席 落語協会真打昇進披露(古今亭ぎん志) 苦労人の思い

柳亭市馬6「朝日名人会」ライヴシリーズ107「妾馬」「廿四孝」 - 柳亭 市馬  新宿末廣亭10月上席の夜の部に途中から入る。落語協会真打昇進披露で、6日(日)は、古今亭ぎん志が主任を務める。半分程度の入りだが、会場内は熱気。古今亭ぎん志は、初音家左橋の弟子で初音家左吉と名乗っていたが、この度改名した。入門時は既に理学療法士として資格…
コメント:2

続きを読むread more

新国立劇場「エウゲニ・オネーギン」 ロシアの情感

『エフゲニー・オネーギン』全曲 カーセン演出、ゲルギエフ&メトロポリタン歌劇場、ホロストフスキー、フレミング、他(2007 ステレオ) 10月6日(日)は14:00から新国立劇場 オペラパレスで、チャイコフスキーの歌劇「エウゲニ・オネーギン」を鑑賞。舞台はロシアの雰囲気を精一杯醸し出す。チャイコフスキーの作品らしい、情感のこもった作品…
コメント:2

続きを読むread more

映画『記憶にございません』

「記憶にございません! 」 オリジナル・サウンドトラック - オリジナル・サウンドトラック 9月27日(金)午前中に三谷幸喜の映画「記憶にございません」を鑑賞。 エンターテインメントとしてお見事。中井貴一をコメディアンとして見事に役者に仕上げている。前日は、演劇、今回は映画と、三谷ウィークエンドである。
コメント:0

続きを読むread more

世田谷PT 愛と哀しみのシャーロック・ホームズ

 9月28日(土)は、世田谷パブリックシアターで久々の観劇。今回は、三谷幸喜の作品だ。13時~14時、14時15分~15時25分(15分休憩) シャーロック・ホームズは小学校時代の愛読書。三谷幸喜氏も、もちろんそうで、しかもシャーロック・ホームズの映画やドラマはすべて観たという。 完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻…
コメント:0

続きを読むread more

アンジェリーナの抹茶モンブラン

日本におけるケーキ・モンブランの発祥は自由が丘の『モンブラン』だが、世界のケーキ・モンブランの発祥は、パリにある『アンジェリーナ』。銀座にフランス発祥のデパート『オ・プランタン』がオープンしたときに、1階にアンジェリーナの店がオープンしたが、数年前にデパートが閉店。かくしてアンジェリーナの店は、池袋の東武デパートの中にある。  ケーキ…
コメント:0

続きを読むread more

花形演芸会  感服『質屋庫』(文菊)軽く『親子酒』(龍玉)?!『ペラペラ王国』(羽光)

(仮) 古今亭文菊 名演集2 - 古今亭文菊瀧川鯉昇 落語集 「千早ふる」「質屋庫」 【DVD】  8月24日(土)午後1時からは国立演芸場で花形演芸会。満員御礼。それぞれの出演者の応援団が来ているようで、掛け声がかかる。  羽光は、いきなりメタ物語とナゾをかけて新作落語を始める。昨年末に渋谷らくご創作大賞を受賞したらしい。 ht…
コメント:0

続きを読むread more

京都鴨川納涼床 豆屋源蔵の料理

明治時代以前から存在した風習で、河川法制定後には、許可が必要となった。京都府には鴨川条例があり、ここで河川法許可の審査基準を定めているという。二条から五条にかけての4つのエリア(上木屋町、先斗町、西石垣、下木屋町)があり、90軒余りの店が並んでいる。今回は豆屋源蔵という上木屋町エリアの京料理の店に入った。 http://www.mam…
コメント:0

続きを読むread more

国立演芸場8月中席 人情版『浜野矩随』(圓楽)師匠の演目『おすわどん』(枝太郎)

桂歌丸「おすわどん」  8月17日(土)は、国立演芸場8月中席。満員御礼だが、空き席もちらほら。暑さで体調不良か?  出演者は8月中席だけあってそれなりに充実。もともと歌丸師匠がトリを務めていたが、昨年は芸協のメンバーで交替により、そして今年は圓楽師匠が通しでトリ。ただし、病気のため、不安の中で・・・。『唐茄子屋政談』『ねずみ』『死…
コメント:0

続きを読むread more