第494回花形演芸会  師匠の国『小言幸兵衛』(文菊)軽く『堀之内』(馬るこ)上方風『竹の水仙』(福丸)博多『権兵衛狸』(はな平)

19花形演芸大賞.jpg200815花形演芸会.jpg
 8月15日(土)午後6時からは国立演芸場で花形演芸会。満員御礼。人数を半分に制限して、ひさびさの公演。また2時間に縮小され、ゲストなし。
 はな平は、福岡県出身ということで、地元風の『権兵衛狸』、ただ、それなりのものかというともう少し。福丸は上方風の『竹の水仙』。抑え気味だが、細かな配慮あり。文菊師匠は、昨年度の大賞受賞者で、貫禄の『小言幸兵衛』、マクラは師匠の圓菊は「小言の国から小言を広めに来たようなひとだった」というもの。文菊の世界をつくっているが、華は忘れていないところが、この人の魅力。トリは馬るこ師匠で『堀之内』、わかりやすい軽い噺に仕上げているが、私の好みではない。
 
○ 前座 柳家り助 桃太郎6:01-08
○ 落語 林家はな平 権兵衛狸6:09-11-25
○ 上方落語 桂福丸 竹の水仙6:26-31-50
○ 落語 古今亭文菊 小言幸兵衛6:51-54-7:17
○ 漫才 母心7:18-32
○ 落語 鈴々舎馬るこ 堀之内7:33-40-56

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント