圓朝に挑む 人情味『操競女学校』(圓太郎)、雰囲気『応挙の幽霊』(こみち)工夫『今も昔も』(粋歌)淡々『八景隅田川』

8月29日(土)は、国立演芸場で、“圓朝に挑む"。満員御礼。最初は、馬治師匠が『八景隅田川』の序の噺。圓朝の時代が色濃く残る噺を淡々と演じる。こみち師匠は、圓朝が眠る全生庵にある応挙の幽霊画にちなんだ『応挙の幽霊』だ。なかなかの巧さ。
公演再開後、初めての仲入り。食い付きは粋歌の新作『今も昔も』。「芝浜」のエピソードを現代に展開させる噺で、工夫は納得。トリの圓太郎師匠は『操競(みさおくらべ)女学校』、原作は頼山陽で、圓朝が人情噺として作り直したものらしい。操教育のためのもので、「お民の伝」、「お蝶の伝」、「おえんの伝」、「お里の伝」などとあるうち、語られるのは、「お里の伝」だ。圓太郎らしいリアルさ、人情味が嬉しい。
 怪談乳房榎・緑林門松竹・操競女学校 (円朝全集 第六巻) - 倉田 喜弘, 清水 康行, 十川 信介, 延広 真治
怪談乳房榎・緑林門松竹・操競女学校 (円朝全集 第六巻) - 倉田 喜弘, 清水 康行, 十川 信介, 延広 真治橘家圓太郎 第二巻 - 橘家圓太郎
橘家圓太郎 第二巻 - 橘家圓太郎
○ 前座 入船亭扇ぼう 元犬1:00-11
○ 落語 金原亭馬治 八景隅田川1:12-13-41
○ 落語 柳亭こみち 応挙の幽霊1:42-47-2:07
(仲入り)
○ 新作落語 三遊亭粋歌2:22-42
○ 落語 橘家圓太郎 操競女学校2:43-52-3:28

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント