新国立劇場「トスカ」緊張~急展開する時代に翻弄される人々を楽しむ

210123トスカ.jpg
1月23日(土)午後2時~4時55分(上演時間:約3時間(第Ⅰ幕50分 休憩25分 第Ⅱ幕45分 休憩25分 Ⅲ幕30分))は、新国立劇場で「トスカ」を鑑賞。令和3年の初演目である。
23日(土)はプレミエ、緊急事態宣言発出前にチケットは売り切れているようで、かなりの客が入っている。会場は、ホワイエにおける飲食禁止、会話も自粛ということで、感染対策には万全を期している模様。ソリストも以前に入国しているので、フルスタッフということだろう。
プッチーニ:歌劇「トスカ」全曲《日本語字幕》[DVD] - ダニエラ・デッシー, ファビオ・アルミリアート, クラウディオ・スグーラ, ニコライ・ビコフ, パオロ・マリア・オレッキア, カルロ・フェリーチェ劇場管弦楽団&合唱団, 少年合唱団, マルコ・ボエーミ
プッチーニ:歌劇「トスカ」全曲《日本語字幕》[DVD] - ダニエラ・デッシー, ファビオ・アルミリアート, クラウディオ・スグーラ, ニコライ・ビコフ, パオロ・マリア・オレッキア, カルロ・フェリーチェ劇場管弦楽団&合唱団, 少年合唱団, マルコ・ボエーミ
「トスカ」は、時代に翻弄される人々の愛憎のシーンを音楽と舞台で創り出す。今回も、ナポレオンに触発された人々、旧体制の人々、昔ながらの信仰に生きる人びとといった多様性を描き出す。ソリストは、イタリアの旬の陣容を揃えて、楽しめた。ダニエレ・カッレガーリの指揮も久しぶり。東京交響楽団も迫力ある演奏だった。


○ 指揮 ダニエレ・カッレガーリ
○ 演出 アントネッロ・マダウ=ディアツ
○ 管弦楽 東京交響楽団

○ ソリスト
・ トスカ キアーラ・イゾットン(ソプラノ)
・ カヴァラドッシ フランチェスコ・メーリ(テノール)
・ スカルピア ダリオ・ソラーリ(バリトン)
・ アンジェロッティ 久保田真澄(バス)
・ スポレッタ 今尾滋(テノール)
・ シャルローネ 大塚博章(バス・バリトン)
・ 家守 志村文彦(バス・バリトン)
・ 看守 細岡雅哉(バリトン)
・ 羊飼い 渡邉早貴子(ソプラノ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント