シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 大賞の品格の三三が船徳

<<   作成日時 : 2010/06/26 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   平成22年6月26日(土)午後1時〜花形演芸スペシャル〜受賞者の会〜が国立演芸場であった。平成21年度の花形演芸大賞の表彰式を兼ねた受賞者の会、なかなか楽しい会である。柳家三三は、昨年度は残念ながら大賞を逃した。古典落語には定評があるが、滑稽話で物足りないとの評。三三によれば、今年は2つほど軽い噺をしての受賞ということで効率的だったと言う。桃月庵白酒は毒のある落語との評価、それが、なかなか味があるという。三遊亭兼好も毒のある噺が持ち味だが、妻子ありにもかかわらず内弟子で苦労、賞金では高校生の長女につけまつげをプレゼントするという。金賞を狙って自転車をゲットしたいとも。司会の柳亭燕路は三三の兄弟子、柔らかな雰囲気に小三治一門の薫り。
   落語のほうは、兼好は若いながら看板のピンという味のある噺。ジャグリングのストレート松浦の曲芸的技術はお見事。桃月庵白酒は鹿児島出身ながら東北弁で勝負、師匠の雲助ゆずりの迫力で馬の田楽をこなす。クラウン、いわばピエロ芸のふくろこうじも魅力的。三三の船徳は、夏の中庸的な雰囲気の落語で大賞の品格があった。


○ 前座 柳家小んぶ 初天神 1:00-1:15
○ ジャグリング ストレート松浦 1:15-1:32
○ 落語 三遊亭兼好 看板のピン 1:33-1:50
○ 落語 桃月庵白酒 馬の田楽 1:51-2:14
(中入り)
平成21年度 花形演芸大賞 表彰式 2:30-2:57
(司会進行役:柳亭燕路)
○ 落語 柳亭燕路 やかんなめ 2:58-3:17
○ クラウン ふくろこうじ 3:17-3:36
○ 落語 柳家三三 船徳 3:37-4:02

この落語家を聴け! いま、観ておきたい噺家51人
アスペクト
広瀬 和生

ユーザレビュー:
読んで面白く、しかも ...
こういう落語評論を待 ...
ガイドブックか?この ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大賞の品格の三三が船徳 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる