シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の夢を語る志の輔、昼下がりの文左衛門、夜の白酒

<<   作成日時 : 2010/06/30 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  第31回読売GINZA落語会(平成22年6月29日(火)は実力派揃い、今回も、夏の雰囲気を感じさせる古典落語でたっぷり楽しめる。春風亭一之輔は二ツ目ながらキビキビした語り口、講談師の雰囲気たっぷりの「くしゃみ講釈」だ。橘家文左衛門の「青菜」も活き活きしている。笑福亭鶴光の「掛川の宿」は浪曲種でいつもながらの名人芸。桃月庵白酒の「臆病源兵衛」はめずらしい噺、以前に柳家禽太夫の高座を聞いたことがある。熱演たっぷりだが、最後の根津のところはもう少し穏やかに決めるべきかもしれない。
  主任の立川志の輔はワールドカップサッカー日本戦の開始時間を話題にしながら、じっくりと聞かせる。得意の人情噺である。「江戸の夢」は、宇野信夫さんの作品で圓生百席にも収録されているもの。50分の熱演の中で、聞き手をぐいぐいと吸い込んでいくのは、志の輔の見事な芸である。

○ 落語 春風亭一之輔 くしゃみ講釈 6:36-7:04
○ 落語 橘家文左衛門 青菜 7:05-7:34
○ 落語 笑福亭鶴光 掛川の宿 7:35-7:59
(中入り)
○ 落語 桃月庵白酒 臆病源兵衛 8:14-8:34
○ 落語 立川志の輔 江戸の夢 8:35-9:25

圓生百席(4)江戸の夢/近江八景/阿武松
ソニーレコード
1997-04-21
三遊亭円生

ユーザレビュー:
阿武松のこのマクラは ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の夢を語る志の輔、昼下がりの文左衛門、夜の白酒 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる