シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS やきもちやきの本格派の佃祭とやわらかたくましの野ざらしを楽しむ

<<   作成日時 : 2010/07/31 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  10年7月31日(土)の第374回花形演芸会、久し振りの花形演芸会である。最初の三笑亭夢吉、立川志らら は二ツ目で、花形演芸会は初登場。想像力たくましくして聞く「あたま山」、最後は浮気ドラマの「風呂敷」など面白いネタ、それなりにこなしている。ひとりコントのオオタスセリは、花形演芸会は3回目だというが、1回は銀賞受賞の時に観ている。他の追随を許さぬユニークな芸が面白い。暑い噺、怖い噺、それぞれにこなす。中トリの三遊亭兼好師匠は、真打ちだけあって、歯切れが良い賑やかな「野ざらし」。志ん朝のような芸の厚みも感じられて期待が持てる。サゲはさんざん酒を味わったはずの男のしゃれこうべが俺は下戸だとするもの、粋の点ではもう一つか。
   ジャグリングのストレート松浦は、今日は芸が決まる。漫才のホンキートンク、芸名は安酒場という意味だそう。テンポが軽快。主任の春風亭柳朝師匠は、深みのある佃祭を演じる。出囃子は佃で、これから船に乗るという雰囲気十分。戸隠さんの説明も丁寧に講じてくれる。ポイントは主人公の女将さんのやきもち。もちろん、情けは人のためならずという与太郎の人救いが失敗に終わるサゲ、戸隠さんに奉納する梨で終わる丁寧な話しぶり。夏には佃祭を聞くことも多いが、しばらく満足する佃祭に出会っていなかった。今日は久し振りに納得した。柳朝師匠はブログも書いている。後日の解説も楽しみだ。(http://tentsutsu.exblog.jp/
○ 前座 春風亭一力 たらちね
○ 落語 三笑亭夢吉 あたま山
○ 落語 立川志らら 風呂敷
○ ひとりコント オオタスセリ
○ 落語 三遊亭兼好 野ざらし
(中入り)
○ ジャグリング ストレート松浦
○ 漫才 ホンキートンク
○ 落語 春風亭柳朝 佃祭

ストーカーと呼ばないで
ビクターエンタテインメント
2006-01-21
オオタスセリ

ユーザレビュー:
歌というよりは、芸。 ...
とにかく聴いてみてほ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストーカーと呼ばないで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やきもちやきの本格派の佃祭とやわらかたくましの野ざらしを楽しむ シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる