シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 新春らしい『羽団扇』(三遊亭小遊三)

<<   作成日時 : 2012/01/03 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 1月3日の新春国立名人会の午前の部を観た。トリは小遊三師匠である。恒例の獅子舞から始まる。初席の持ち時間は短いという寄席が多いが、国立演芸場の場合は、15分〜20分を確保しているので、落語として楽しめるのがいい。
  新春らしい噺として、まずは、彦いち師匠の『初天神』、得意の噺である。歌司師匠は三平師匠などのエピソードの小咄オンパレード、『師匠と私』ということらしい。圓蔵師匠は老体に鞭打って出演ということらしいが、『反対俥』をどうにかまとめる。
  市馬師匠は、まずは得意の喉で相撲甚句、小咄に終始かと思いきや、『時そば』をこなした。小遊三師匠の新春のトリを聴くのは初めて。天狗裁きかと思いきや、その先を行く。もともと長い噺だった天狗裁きを最後まで演じるとこうなるらしい。初夢に七福神が登場するお目出度い『羽団扇』となる。なかなかのもの。


○ 落語 林家彦いち 初天神
○ ギター漫談 ぺぺ桜井
○ 落語 三遊亭歌司 師匠と私
○ 奇術 伊藤夢葉
○ 落語 橘家圓蔵 反対俥
(中入り)
○ 漫才 青空球児・好児
○ 落語 柳亭市馬 時そば
○ 紙切り 林家今丸
○ 落語 三遊亭小遊三 羽団扇

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新春らしい『羽団扇』(三遊亭小遊三) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる