シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 第五回正蔵 正蔵を語る 木訥な魅力

<<   作成日時 : 2013/10/28 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 なぜか、“正蔵 正蔵を語る”、毎回、聴いている。10月27日(日)の国立演芸場、入場時点では満員御礼ではないが、ほぼ満員の入り。正蔵師匠は、器用な方ではないし、3回目の後は、いったんは中断(平成23年)したのだが、翌々年から再開し、今年は2年目だ。師匠が最後にお礼を述べたところ、聴衆から、来年は6回目という声が掛かった。多くは期待しているだろう。本流の魅力があるのかも知れない。
  『猫と金魚』は田河水泡の作、軽く演じられることが多いが、古典の雰囲気でまとめている。『まめだ』は、師匠が三田純市氏作の新作落語を東京に翻案したものだという。話の運びは、淡々と、そして暖かだ。『文七元結』は、言わずと知れた圓朝師匠の人情噺。志ん朝師匠が演じるが如く軽快な要素のあるこの噺は、正蔵師匠のそれは、木訥な職人に変わってしまったようだが、もともとはそういう噺なのかも知れない。不思議な魅力を聴衆たちは感じ取っているのだろう。

(13時〜15時半)
○ 落語 林家はな平 つぼ算
○ 落語 林家正蔵 猫と金魚
○ 落語 春風亭一朝 天災
○ 落語 林家正蔵 まめだ
(仲入り)
○ 紙切り 林家正楽
○ 落語 林家正蔵 文七元結

九代正蔵襲名
近代映画社
林家 正蔵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 九代正蔵襲名 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第五回正蔵 正蔵を語る 木訥な魅力 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる