シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 志の輔落語に感服

<<   作成日時 : 2014/01/22 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  志の輔の落語は何回か寄席で聴いたことがあるが、独演会(渋谷パルコ劇場)は初めて。前座も二ツ目もなく、彼1人ですべて演じるというのだから、凄い。
 1月20日(月)の最初の二つの話は新作。『モモリン』については、氷見市のゆるキャラを登場させての展開で、流れはスムーズ。ついつい現実の姿を想像してしまうところが志の輔の素晴らしさ。
 古典でも『井戸の茶碗』、時間をたっぷり使っての名演。

○ こぶ取り爺さん6:40-55
○ モモリン 8:00-7:35
○ 井戸の茶碗 7:53-50

志の輔らくご 両耳のやけど4
テイチク
1996-09-21
立川志の輔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 志の輔らくご 両耳のやけど4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
志の輔落語に感服 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる