シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 2年ぶりの花形演芸会スペシャル 受賞者の会

<<   作成日時 : 2014/06/19 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

  6月18日(水)午後6時から国立演芸場で、平成25年度花形演芸大賞受賞者の会があった。昨年は行けなかったが、今年は平日というものの、行くことができた。今年の大賞は上方落語の桂吉弥である。上方落語の参加に違和感があったのだが、今日の吉弥の話では、師匠の故・桂吉朝が大賞受賞者だったのである。吉弥は既に定評がある噺家ではあるが、参加していたのは師匠の弔いの意味もあったのかもしれない。上方ではほかに桂文我なども大賞受賞者だ。
  今日の会には、銀賞受賞者の三遊亭天どんが欠席。白酒の鞄持ちでベルギーに出掛けているという。この会は、贈賞式が面白い。滑稽感を醸し出す萬橘、静かな龍玉、2回連続で大賞を受賞し、今回は金賞に甘んじたものの、しっかりと賞金を受け取った一之輔(過去にも、大賞受賞者が翌年金賞ということは多くの事例有り)など、司会の扇辰師匠もなかなか良い立ち回り。天どんの手紙は前座が代読したが、これも物議を醸す。審査員講評が平板だったのは残念。
 夜席で、時間が押してしまったが、上方落語らしい『天狗裁き』(吉弥)や、深夜便落語百選のエピソード(米丸、桃太郎夫妻との楽屋体験)をマクラにした『新聞記事』(一之輔)、独特の世界観『麻のれん』(扇辰)など、十分楽しめた。

○ 前座 柳家さん坊 牛ほめ6:00-14
(銀賞受賞者)
○ 落語 蜃気楼龍玉 強情灸6:15-30
○ 落語 三遊亭萬橘 ん廻し6:31-36-45
(金賞受賞者)
○ 漫才 U字工事6:46-59
○ 落語 春風亭一之輔 新聞記事7:00-06-25
(仲入り)
○ 平成25年度 花形演芸大賞 贈賞式7:39-8:02
 (司会 入船亭扇辰)
(ゲスト)
○ 落語 入船亭扇辰 麻のれん8:04-24
(金賞受賞者)
○ ボーイズ ポカスカジャン8:25-41
(大賞受賞者)
○ 落語 桂吉弥8:42-48-9:04


桂吉弥のお仕事です(6)
テイチクエンタテインメント
2009-10-21
桂吉弥

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 桂吉弥のお仕事です(6) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
花形演芸大賞なるもの、知りませんでした。春風亭一之輔は、何かでとても面白い落語家と聞き、一度聴いてみたいと思っています。
東銀座の東劇で、古今亭志ん朝を観ることができました。やっぱりいいな〜。
Nohra
2014/06/21 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
2年ぶりの花形演芸会スペシャル 受賞者の会 シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる