シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 聴かせる『お化け長屋』(小三治)、枯れの『百川』(はん治)、温かみの『藁人形』(扇辰)

<<   作成日時 : 2015/07/26 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

7月26日(日)は、国立演芸場で、国立名人会である。トリが小三治師匠で、満員御礼。
画像

 まずは、左龍師匠の『壺算』、なかなかの味のある噺にまとめている。その後は、聴くチャンスが少ない噺が続く。扇辰師匠の丁寧な『藁人形』はなかなか心地よい。小里ん師匠の『三人兄弟』も高座では初めてで新鮮。
 はん治師匠の『百川』を聴くのは二回目だが、枯れた感じが面白い。トリは小三治師匠。マクラは、まず“暑いです”。今は正雀師匠が演じているが、その師匠である先代正蔵師匠時代の怪談噺の様子。様々な仕掛けが体験だったという。サゲは、財布を取られてしまったというもので、伝統的なサゲよりしっくりくるのだろう。


○ 前座 柳家小はぜ 道灌1:01-16
○ 落語 柳亭左龍 壺算1:17-20-39
○ 落語 入船亭扇辰 藁人形1:40-41-2:05
○ 落語 柳家小里ん 三人兄弟2:06-30
(仲入り)
○ 落語 柳家はん治 百川2:46-3:14
○ 紙切り 林家正楽3:15-30
○ 落語 柳家小三治 お化け長屋3:32-50-4:16

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「お化け長屋」と「百川」は、古今亭志ん朝のCDでしか、きいたことがありません。
小三治の「お化け長屋」、是非聞いてみたい!
Nohra
2015/07/31 00:50
お化け長屋は、いろいろな演じ方があるようです。桃月庵白酒もなかなかです。
シュタイントギル
2015/08/15 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
聴かせる『お化け長屋』(小三治)、枯れの『百川』(はん治)、温かみの『藁人形』(扇辰) シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる