シュタイントギルの旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS Drops3 暗い時代の灯 

<<   作成日時 : 2017/05/03 21:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 4月22日(土)は15時から神楽坂のSESSION HOUSE GARDENで、16:20頃まで、Labo!Solo 瀧川真澄さんの一人舞台
 受付でサクマドロップ1粒をもらう。何の味が好きかって?!

 人の一生は限られた時間、大河の一滴にすぎないが、その一滴が、考え、傷つき、希望を持つ、そのことにまなざしを向けたいと、瀧川さんは公演プログラムの中で語る。

 今回は、『暗い時代の灯』がテーマ。
公演プログラムの中では、〜最も暗い時代においてさえ、人はなにかしら光明を期待する権利を持つ。こうした光明は理論や概念からより、少数の人々が灯す不確かでちらちら揺れる多くは弱い力から発する。また、こうした人々はその生活と仕事の中で、ほぼあらゆる環境の下で光を灯し、その光は、彼らに与えられたわずかな時間を超えて輝くだろう。(ハンナ・アーレント『暗い時代の人々』Men in Dark Times)〜を引用する。

メニューは、次のとおり、一人舞台と映像と音楽だ。
ゆく河のながれは(方丈記)、はな子(如月小春「光の時代」)、ねじ(如月小春「ISLAND」)、ハムレット(シェイクスピア)、アンネ(アンネ・フランク「アンネの日記」)、センチメンタルジャーニー(北村太郎「北村太郎詩集1947-1966」(1966))、肉(如月小春「MORAL」)、雨(テネシー・ウィリアムズ「話してくれ雨のように…」)、帰途(田村隆一「言葉のない世界」)
 
 音楽には、いつもながら、グレングールドとリヒテルも組み込まれている。バッハの平均律クラヴィア曲集は欠かせない。

 最近の若者に聞くと、如月小春の名前を知らない。彼女の作品は徐々に風化しつつあるようだ。如月小春の作品を伝える存在として瀧川真澄さんがある。今回の演目の中でも如月小春の作品はとりわけ3題なのだ。
 「彼女は2001年の12月に世田谷のシアタートラムで『カガヤク ― 長谷川時雨素描 ― 』を上演するはずだった。しかし、この作品はついに一行も書かれなかった。」 (http://www.shinjuku-shobo.co.jp/column/data/rojiura/koramuvol16.html)らしい。
 長谷川時雨は、私が触れた作品は「旧聞日本橋」。ラジオの朗読番組を通じてである。如月小春が描きたかったのは劇作家としての長谷川時雨だったのだろうか。長谷川時雨が発刊したのは雑誌「輝ク」である。如月小春の思いはそこから起ち上がってどこに流れていったのだろうか。


********************************************
今回は、これまで手掛けてきた作品の闇の中からほのかな灯りが漏れ出ずるよう。

ハムレット しかり、

テネシー・ウィリアムズの「話してくれ雨のように…」(堀内仁 訳)しかり
http://www.ilaboyou.jp/text/talk_to_me_like_the_rain.html

アンネの日記は、堀内仁・瀧川真澄共同訳 ということで、舞台で用いた素材も選び抜いたもの
********************************************





如月小春は広場だった―六〇人が語る如月小春
新宿書房
『如月小春は広場だった』編集委員会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 如月小春は広場だった―六〇人が語る如月小春 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



江戸情緒の花 長谷川時雨作品集
古典教養文庫
2014-02-03
長谷川時雨

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 江戸情緒の花 長谷川時雨作品集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



暗い時代の人々 (ちくま学芸文庫)
筑摩書房
ハンナ・アレント

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暗い時代の人々 (ちくま学芸文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Drops3 暗い時代の灯  シュタイントギルの旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる