アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「柳家喬太郎」のブログ記事

みんなの「柳家喬太郎」ブログ

タイトル 日 時
迫力『抜けガヴァドン』(喬太郎)、公開ピアノから『宗論』へ(小三治)
迫力『抜けガヴァドン』(喬太郎)、公開ピアノから『宗論』へ(小三治) 6月25日(日)は朝から新宿末廣亭6月下席に行く。昼の部が始まってすぐの12時10分には二階席まで埋まり、立ち見が30人ほど。昼の部の主任が喬太郎師匠、夜の部の主任が小三治師匠なのでうなずける。夜の部の中入り後では立ち見は解消。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 23:53
初挑戦『阿武松・花筏』(円丈)、最新『舞番号』(彦いち)、現代版抜け雀『抜けガヴァドン』(喬太郎)
初挑戦『阿武松・花筏』(円丈)、最新『舞番号』(彦いち)、現代版抜け雀『抜けガヴァドン』(喬太郎) 12月23日(水)の国立演芸場は恒例の円丈公演だ。満員御礼、オープニングで小ゑん師匠によれば早々と売り切れてネットオークションにもチケットが出ていたらしい。  円丈師匠の演目は久々に古典だが、そのほかの噺家は新作ないし新作風古典。実験場のような愉しさがなんとも言えない。円丈師匠、140ほどの古典落語の演目の中で、相撲噺はなかったとのことで、本格派圓生相撲噺に初挑戦との触れ込みだ。  開口一番のたん丈は、脱サラして42歳で入門、46歳で二ツ目、現在、53歳という。秋田県男鹿市出身で、なま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 18:24
立体映像の境地『お見立て』(たい平)、4Kの境地『ハワイの雪』(喬太郎)、新境地『宗論』(一之輔)
立体映像の境地『お見立て』(たい平)、4Kの境地『ハワイの雪』(喬太郎)、新境地『宗論』(一之輔)   9月20日(日)、新宿末廣亭9月中席千秋楽は、昼席の途中から入ったが、立ち見ありの満員御礼。夜席では入れ替わりがあったが、立ち見こそないものの、二階席を開く満員御礼。主任がたい平師匠と喬太郎師匠だけあって若い層が比較的多い。   一之輔師匠の『宗論』は、独特の世界を創り出す。サゲは嫁さん探しに絡めて候補者に細川ふみえなどを掲げ、息子が「ふみえ(踏み絵)だけは勘弁してください。」とするところで新境地。昼主任のたい平師匠は、満を持しての登場。来年で番組「笑点」は50周年を迎えるが、10年来... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/26 11:46
代演ながら貫禄の『名人長二』(喬太郎)新宿末廣亭6月下席
代演ながら貫禄の『名人長二』(喬太郎)新宿末廣亭6月下席  6月28日(日)の新宿末廣亭6月下席、7時半ほどの時間に入場。夜の部は燕路師匠の途中からだ。主任は小三治師匠の代演なので、席はある。しかしながら、それなりの入り。小ゑん師匠の新作、題名はわからないが、顔で注文する鮨屋ということでなかなか面白い。  代役主任の喬太郎師匠、三遊亭圓朝の力作を演じる。新作をやればよかったとのボヤキを挿入するのが喬太郎師匠らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/30 22:24
末廣亭10月下席夜の部 早口の妙味『締め込み』(三三)、世代の共通項『同棲したい』(喬太郎)
末廣亭10月下席夜の部 早口の妙味『締め込み』(三三)、世代の共通項『同棲したい』(喬太郎)    10月25日(土)新宿末廣亭10月下席夜の部に6時過ぎに入る。二階席にも客が入る大入りである。小ゑん師匠、喬太郎師匠、円丈師匠の新作落語も狙い目なのか、若者が目立つ。喬太郎師匠の『同棲したい』は、若者と団塊の世代の共通項か?    円十郎師匠は巨体を引きずっての『湯屋番』で花が咲く。歌奴師匠の『鼓ケ滝』も悪くない。トリは三三師匠。マクラはマーケティングリサーチと語りながら、いきなり落語に入る。淡々とした早口で泥棒、主人、女将さんを使い分ける妙味はたいしたもの。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/25 23:33
サラリーマンの悲哀『ぺたりんこん』(喬太郎)、巧妙『粗忽の釘』(三三)、味わい『一眼国』(扇辰)
サラリーマンの悲哀『ぺたりんこん』(喬太郎)、巧妙『粗忽の釘』(三三)、味わい『一眼国』(扇辰)   4月28日(月)は、引き続きの新宿末廣亭。夜席の途中から入る。   中トリ三三師匠の『粗忽の釘』は磨きが掛かった一席。扇辰師匠の『一眼国』は、短い時間の中でなかなかの味わい。   主任の喬太郎師匠、『ぺたりんこん』は、中高年サラリーマンの悲哀を不条理で表現。まさに演劇。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/29 16:40
新宿末廣亭 4月下席 新作の枠を超える『ハンバーグができるまで』(喬太郎)
新宿末廣亭 4月下席 新作の枠を超える『ハンバーグができるまで』(喬太郎)   4月26日(土)は、久々の新宿末廣亭。4月から料金は3千円に値上げ。連休に入り4月下席も連休初日といったところだろう。   昼席の最後あたりから入る。二階席は空いているそうだが、一階で立つ。夜席もほぼ満員御礼。二階席にも客が入っている。喬太郎様々だろう。若い客が目立つ。   萬窓師匠の『まぬけ泥棒』は人柄が出て親しめる。中トリの左龍師匠の『棒鱈』も飄々とした味。 食い付きの天どん師匠、新作の魅力はたっぷりだが、表現が曖昧で伝わってこないのは難点。改善をすべきだろう。膝代わりの燕路師... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/28 23:15

トップへ | みんなの「柳家喬太郎」ブログ

シュタイントギルの旅人 柳家喬太郎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる