日本最古の登り窯が丹波篠山にある

3月上旬、丹波篠山を訪れた。ここの魅力はいろいろあるが、その一つが丹波焼にあることは言うまでもない。
画像

平安時代末期から鎌倉初期に始まるとされる丹波焼は、瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯に数えられているという。昭和53年(1978)「丹波立杭焼」の名称で国の伝統的工芸品指定を受けている。

現存する日本最古の登り窯が保存されている。長さは47メートルだという。
画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック