国立演芸場11月上席 人の良さ『井戸の茶碗』(わさび)師匠の味『浮世床』(さん生)

11月2日(土)は、国立演芸場11月上席。当日券もあったが、満員御礼となる。
 落語協会の真打ち昇進披露公演で、4人が昇進だが、2日は柳家わさび。わさびはさん生の弟子で、さん生は小満んの弟子である。
 わさびの公演は聴いたことがあり、若手ながら、なかなかの味があると思っていた。本日の『井戸の茶碗』も少し荒削りのところはあるが、人の良さが演目に活かされている。191102国立演芸場11月上席2.jpg
 
○前座 入船亭扇ぽう 寿限無0:46-59
○落語 古今亭志ん吉 熊の皮1:00-02-17
○落語 柳亭左龍 初天神1:18-21-27
○ギター漫談 ぺぺ桜井1:28-48
○落語 柳家小さん 親子酒1:49-56-2:11
○落語 鈴々舎馬風 楽屋外伝2:12-28
(仲入り)
○襲名披露口上 左龍(司会)、小さん、わさび、さん生、馬風2:43-2:58
○漫才 すず風にゃん子・金魚2:59-3:10
○落語 柳家さん生 浮世床3:11-17-30
○曲芸 鏡味仙三郎社中3:32-45
○落語 柳家わさび 井戸の茶碗3:46-52-4:19

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント