紀伊國屋寄席 年末の人情『浜野矩随』(さん喬)寒い季節に『二番煎じ』(たい平)古典『刀屋』(小さん)味『粗忽の釘』(三朝)

柳家さん喬17「朝日名人会」ライヴシリーズ120「浜野矩随」「三年目」「百川」「掛取万歳」 - 柳家 さん喬
柳家さん喬17「朝日名人会」ライヴシリーズ120「浜野矩随」「三年目」「百川」「掛取万歳」 - 柳家 さん喬
 12月30日(月)午後6時半からは第670回紀伊國屋寄席。コロナ禍の中にあって、満員に近い入り。前座は昨年と同様、与一だが『六尺棒』をこなす。市好は11月に二ツ目に昇進し、市坊から改名したばかり。『加賀の千代』はそつなくこなす。三朝師匠は、『粗忽の釘』。粗忽の味が出ている。中トリは、小さん師匠で、いつの時代にもありそうなお嬢さんと使用人の恋愛ネタの『刀屋』。もともとは、『おせつ徳三郎』という噺で上下があり、上が『花見小僧』)だが、今回は下の『刀屋』、アレンジの妙味があり、すっと入る。
 仲入り後は、たい平師匠が『二番煎じ』。マクラで先日亡くなった こん平師匠のエピソードを語る。寒さと炬燵と火事の噺からスーッと落語に入るのはお見事。そして主任はさん喬師匠が人情噺の『浜野矩随』。芝の神明宮にあった骨董屋の若狭屋のエピソードもしっかり語る。本来は、母は亡くなってしまうのだが、今回は寸前で命をとりとめるバージョン。

○前座 春風亭与いち 六尺棒6:20-30
○落語 柳亭市好 加賀の千代6:32-47
○落語 春風亭三朝 粗忽の釘6:48-57-7:18
○落語 柳家小さん 刀屋7:19-21-47
(仲入)
○落語 林家たい平 二番煎じ8:03-10-31
○落語 柳家さん喬 浜野矩随8:32-36-39-9:07
林家たい平落語集~たい平よくできました 3~ 二番煎じ(2005年12月4日 横浜にぎわい座): 二番煎じ - 古典落語, 林家 たい平, 日本コロムビア(株)
林家たい平落語集~たい平よくできました 3~ 二番煎じ(2005年12月4日 横浜にぎわい座): 二番煎じ - 古典落語, 林家 たい平, 日本コロムビア(株)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント