テーマ:柳家さん喬

紀伊國屋寄席 年末の人情『浜野矩随』(さん喬)寒い季節に『二番煎じ』(たい平)古典『刀屋』(小さん)味『粗忽の釘』…

柳家さん喬17「朝日名人会」ライヴシリーズ120「浜野矩随」「三年目」「百川」「掛取万歳」 - 柳家 さん喬  12月30日(月)午後6時半からは第670回紀伊國屋寄席。コロナ禍の中にあって、満員に近い入り。前座は昨年と同様、与一だが『六尺棒』をこなす。市好は11月に二ツ目に昇進し、市坊から改名したばかり。『加賀の千代』はそつなくこな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の人情『芝浜』(さん喬)母子の愛情『元犬』(三三)可愛さ『崇徳院』(小さん)粗忽の味『松曳き』(馬石)

 柳家さん喬17「朝日名人会」ライヴシリーズ120「浜野矩随」「三年目」「百川」「掛取万歳」 - 柳家 さん喬  12月30日(月)午後6時半からは第660回紀伊國屋寄席。満員御礼。一猿は5月に二ツ目に昇進したばかり。都電落語会のエピソード。『武助馬』はそつなくこなす。馬風師匠は、『松曳き』。粗忽噺だが、この人が演じると滑稽さが増すか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第655回紀伊國屋寄席 明快『幾代餅』正蔵、リアル『船徳』(さん喬)、珍『明日ありと』(文雀)

7月16日(火)午後6時半からは第655回紀伊國屋寄席。9割程度の入りか?当日券あり。 遊京は鳴り物入りで『七度狐』を軽快にこなす。文雀師匠は、圓窓師匠の創作落語の『明日ありと』、初めて聴くが、なかなかのもの。 http://ensou-dakudaku.net/znshu/bussho.html 三遊亭圓窓2「朝日名人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圓朝『福禄寿』さん喬、リアル『おせつ徳三郎』(小さん)、個性『掛取万歳』(志ん輔)

 12月30日(日)午後6時半からは第648回紀伊國屋寄席。ほぼ満員。中トリさん喬師匠、トリ小さん師匠と恒例の面々だが、典型的な年末噺『掛取万歳』は志ん輔師匠がやり、さん喬師匠は圓朝作品の『福禄寿』を披露、これも借金の噺で年末につながる、一方、小さん師匠は『おせつ徳三郎』、刀屋に入る前までで、これもリアルな仕上がりで面白い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正統派『文七元結』(さん喬)ブラック『目玉』(小さん)芸達者『豊竹屋』(正雀)多彩『浮世床』(三之助

 12月30日(土)午後6時半からは第636回紀伊國屋寄席である。満員御礼。  最初の志ん吉は、『巌流島』をそつなくこなす。三之助師匠の『浮世床』は多彩な味。 中トリの小さん師匠は、山田洋次作の『目玉』。先代小さん師匠に監督が依頼されて創作した3つの噺の一つ。先代は一回しか演じなかったという。花緑師匠が演じたことがあるようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶妙『お血脈』(三三)、貫禄『将棋の殿様』(小さん)、愛情『三年目』(さん喬)、味『猫の災難』(円蔵

12月31日(金)午後6時半からは第624回紀伊國屋寄席である。前売り券は売り切れだったが、当日券も早くに完売で満員御礼。  二ツ目の遊京は、まだこなれていないが楽しい『堀の内』。文蔵師匠の『猫の災難』は味わえる。さん喬師匠は愛情細やかな『三年目』。  三三師匠の『お血脈』は絶妙の出来。小さん師匠の『将棋の殿様』は初めて聴くが、さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回「正蔵 正蔵を語る」  ぎゃふんといわす『蛸坊主』(正蔵)、サラッと『ちりとてちん』(さん喬)

1月26日(土)午後1時からは、国立演芸場で第8回「正蔵 正蔵を語る」。  毎回、楽しみにしている。  ゲストはさん喬師匠で『ちりとてちん』をサラッとこなす。  俗曲の小菊師匠の『忠臣蔵づくし』が面白い。寄席の古老から伝授されたものだという。忠臣蔵といっても仮名手本忠臣蔵で国立劇場の歌舞伎公演でちょうど演じられているところ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講談の人情噺『浜野矩随』(さん喬)、貫禄『高砂や』、淡々『だくだく』(志ん橋)

 12月30日(水)18時30分からは、恒例の第612回紀伊国屋寄席。年末は、以前は先代小さん師匠が主任を務めていたが、現在は、六代目小さん師匠とさん喬師匠が交替で主任を務める。  喬の字の『風呂敷』は、同名の噺がもう一つあるが、今回は、別名『風呂敷の間男』あるいは『褄重ね』で、間男の噺。二ツ目ながらの頑張りは買いたい。志ん橋師匠は、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

比類なき『船徳』(さん喬)、泣かせる『一文笛』

 7月6日(月)は第607回紀伊國屋寄席である。  左橋師匠は雲助一門らしい豊かな表現力で『お菊の皿』、中トリの正蔵師匠は亡き米朝師匠に稽古をつけてもらったという『一文笛』で泣かせる。  喜多八師匠はこの寄席は久し振りだという。『かんしゃく』も久々で聞くネタ。トリのさん喬師匠の『船徳』は比類のない素晴らしい出来映え。師匠の術にハマっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切れの『道灌』(花緑)、活きの『掛取り』(市馬)、温まる『按摩の炬燵』(さん喬)、血筋の『宿屋の冨』

  12月30日(火)午後6時半からは紀伊國屋ホールで紀伊國屋寄席。紀伊國屋ビル竣工50周年で、寄席としても600回の記念すべき回ということだ。満席である。   本日の最初は社長挨拶(6:31-33)。紀伊國屋寄席は、紀伊國屋ビル・紀伊國屋ホールの竣工と共に昭和39年9月12日に第1回目を開催、第2回から古典落語を中心に演じるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語の普及のための落語で高い評価 『長短』『死神』(さん喬)

  10月27日(月)午後6時半から、国際交流基金賞受賞記念 柳家さん喬講演・公演会、東京・四谷にある国際交流基金のJFICホール「さくら」の200名ほどの会場は立ち見が出るほど。落語と文化を語らせるなら、小三治師匠を別格とすれば、さん喬に並ぶ人はいないだろう。   国際交流基金理事長挨拶に引き続いて、早速、さん喬師匠が登場。師匠は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感銘『中村仲蔵』(さん喬)、興味『つるつる』(馬桜)、名演『不動坊』(扇遊)、怪談『天狗裁』彦いち

  5月20日(火)は第593回紀伊國屋寄席、当日券で入る。完売に近いのだが、実際には空席があり、9割程度の入り。  志ん吉は、『熊の皮』をそつなくこなす。彦いち師匠、得意の『天狗裁き』だが、本日は、怪談調でとても冴えた出来だった。馬桜師匠の『つるつる』、別名、『粗忽の幇間』は、あまり演じられない噺、サゲが“井戸替えの夢を見ました”で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五代目志ん好の『大山詣り』を聴く (国立演芸場5月中席) 

 5月18日(日)の国立演芸場5月中席は、落語協会の真打ち披露興行。7割程度の入りか。  最若手の志ん丸師匠の『祇園祭』はきびきびしたところが売りだが、もう少しゆとりを見せることも必要だろう。志ん彌師匠の『替わり目』は落ち着いた出来。中トリのさん喬師匠は、軽く『長命』でまとめる。マクラは月下美人の美人薄命のエピソード。  志ん橋師匠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満員御礼の二之席 しっかりと味わう『やかんなめ』(小三治)、悲哀の笑い『徳ちゃん』(さん喬)

1月11日(土)の新宿末廣亭正月二之席。朝から満員御礼。顔見世興行で噺は短いが、収穫もそれなりにある。短いなりに圧縮しサゲまで辿り着く噺家、盛り上げて途中で終える噺家、漫談で終える噺家、マクラで盛り上げる噺家など様々。 年に二度の楽しみの昼夜ぶっ通し寄席味わいだ。  花緑師匠が昨年の八月上席で8月3日に昼夜の主任を努めた噺、圓生以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多芸の『掛取万歳』(さん喬)、味の『一眼国』(小さん)、迫力の『四段目』(馬石)(紀伊國屋寄席)

  12月30日(月)午後6時半からは、年末の紀伊國屋寄席(第588回紀伊國屋寄席)。当日券の販売もあるが、ほぼ満席。   さん弥の『雪てん』は初めて聴く噺かと思いきや、『雑俳』『歌根問』なのだ。“初雪や、これなら【てん】になる”というサゲで、『雪てん』ということなのだろう。馬石師匠は、落語界に多い“馬”の名前を含むので・・・午年にち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演劇派の『鼠穴』(さん喬)、とぼけた味の『碁どろ』(小さん)

 12月30日(日)新宿・紀伊國屋で第576回紀伊國屋寄席があった。当日券もあったが、ほとんど満席の入りだった模様。トリは、柳家小さん(六代目)。紀伊國屋寄席では、年末は、先代の小さんもトリを取るのが恒例だったという。日本と韓国で世襲政治家がトップに輩出された年にいわば世襲落語家のトリを聴くのも悪くない。   二ツ目の入船亭遊一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more